NEWS ニュース

元サッカー日本代表、高木琢也氏がアドバイザーに就任

一般財団法人日本スポーツ推進機構(NSPO)の新たなアドバイザーとして、元サッカー日本代表、指導者としても多くのJリーグチームの監督を務めた高木琢也(タカギ タクヤ)氏が就任いたしました。

高木氏は、1990年代に日本代表チームの中核のフォワードとして27得点をあげ、その後、横浜FCをかわぎりに数々のJリーグチームの監督として、チームと選手の育成に務められてきました。

NSPOでは、理念とする「スポーツの価値の最大化」の具現化に向け、高木アドバイザーのアスリートと指導者としての豊富な経験と幅広い知見を十二分に活かしていくよう努めてまいります。

高木琢也 WEB.png

*高木琢也氏 経歴

・1967年11月12日生まれ

・長崎県出身

・国見高校、大阪商業大学を卒業

・選手として、フジタ、マツダ/サンフレッチェ広島、ヴェルディ川崎、コンサドーレ札幌で活躍

・同時に、日本代表チームのフォワードとして、国際Aマッチ44試合に出場

・指導者として、横浜FC、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本 V・ファーレン長崎、大宮アルディージャ、SC相模原で監督を歴任